MENU タップでメニューを表示

飯塚耳鼻科のブログ

答志島を目指すも、的矢湾へ・・・

2017年9月25日

(2017.9.23) 雨のち晴 北⇒西の風⇒南西の風 9m/s~12m/s

今日の風は日産マリーナ内で9m/s程度だったので沖に出ればもう少し強くなると判断し、1ポイントリーフにして一路答志島へAM7:45に出艇しました。予想通り沖に出ると風は10~12m/sあり、ジブもファーリングし火力発電所沖をAM9:15には通過。伊良湖沖では風が南西になり、クローズドで伊良湖水道を難なく通過。神島沖でタッキングし答志島の舟越漁港に向かおうと思ったその瞬間に、“2度のタッキングをするぐらいなら時間も早いので的矢湾に行けるのではないか”と思い、タッキングを止め針路を的矢湾に変更しました。神島を過ぎると針路がやや東に振れるので風もアビームとなり増々スピードが上がり、昼の12:15には的矢湾入口の白燈台を通過し、今日の停泊場所としての渡鹿野島の赤燈台横の堤防に横付け出来ました。昼食はいつもの喫茶店“かいげつ”でカツカレーを食べ、何気なく福寿荘のお風呂の割引券があるか聞いてみましたが、残念なことに無いということで1500円の出費となりました。喫茶店の“かいげつ”は夕方の5時には閉店になるのでPM4:00から1500円のお風呂を頂き、何とか5時前にお店に戻り、“最速時間の4時間半”に生ビールで乾杯です。美味しい海鮮を期待してたのですが何も無く、野菜サラダを注文しそれをつまみにしました。翌日は、風が無く8時間半かかり帰港しました。

DSCN0151-2   DSCN0146-2
渡鹿野島(赤堤)                安乗の燈台

 

このページのトップへ