MENU タップでメニューを表示

飯塚耳鼻科のブログ

答志島の船越漁港

2014年8月30日

天気:曇  南西の風、風速3~4m/s

日産マリーナより、野島の東海岸を経由し答志島を目指しました。

途中、無風地帯が何度かありましたが、伊良湖辺りからは風速も7~9m程で快適なセーリングを楽しみました。

今日の目的港は、答志島の北側にある船越漁港で、実は初めての港になります。

入港すると、漁船は3杯のみでヨットが8艇、全てが横着け可能でした。恐らく、20艇は横着けが出来ると思います。

おまけに、島の人達はヨットマンに対してWelcome Welcomeで、どこかの島とは段違いです。船越漁港から、和具の町までは山越えで歩いて20分程度ですので、私は折りたたみの自転車で水や食料の買い出しに行きました。(自転車があると便利です。)

お風呂は、料金500円で漁港より最も近い“やま七旅館”にて一番風呂を頂きました。

夕方になって、買い出しに行き調達した食料で夕食の準備をしようと思いましたが、無性に生ビールが飲みたくなり誘惑には勝てず自転車で和具の“まるみつ寿司店(0599-37-2314)”で、冷たいビールを3杯、活きたアワビの刺身(4200円)と特上寿司(2200円)を頂きましたが明朗会計でした。

とにかく、ヨットマンに対して会う人会う人が“漁港に車で送ってやるよ”と言ってくれるような、とても親切な町でした。

答志島の船越漁港答志島の船越漁港
活きたアワビの刺身特上寿司

このページのトップへ