MENU タップでメニューを表示

飯塚耳鼻科のブログ

久しぶりの座礁

2010年6月6日

今日は珍しく、朝の7時40分にはラグーナを出港出来、一路、佐久島に向かいました。

風も6~7m/Sで絶好のコンディションでしたので、朝の10時50分頃には島の南方に近づく事が出来ました。

よく見ると島の沖灯台の南側には釣り船が10艇程アンカーを打って釣りを楽しんでいましたので、ジャマにならない様少し危険ではありますが、時々利用している灯台の北側ルートを通過しました。

今までの経験から灯台の10m以内ならダイジョーブなぞと勝手に解釈してましたが、それが失敗の元。

ヨットとしては比較的速い速度の時速7㎞/時で通過中、突然ドカーンという衝撃とともに、船は停止しながら左に回旋し、70度程に傾きました。

“ヤッテモーター”久しぶりのOn the Rock(座礁)です。

即エンジンを始動して、離礁を試みましたが船は動かず、風と波で右に70度,左に70度とシーソーの様に翻弄されました。

自力離礁は困難と判断し、セールをたたみ、アンカーを投入し、救助の電話をかけました。

そうこうしている内に船はどんどん風下に流され、とうとう水深1m程にある岩が船に2m程のところまで近づいてきました。

この岩に船体が当たれば浸水し完沈となる。ヤバイ……と思っていた時に、偶然近くを通りかかった漁船がロープを引っ張ってくれ、あっという間に離礁出来ました。

感謝です。

マリーナに着いてからは海上保安庁に連絡し、状況を説明したところ、調書等は今回は取りませんという事でラッキーと心で叫びました。

反省 : 佐久島の南側にある沖灯台の北側は危険地帯です。(ワカッテマス)

写真は帰港後の愛艇です。よくガンバッテくれました。

帰港後の愛艇帰港後の愛艇

このページのトップへ