MENU タップでメニューを表示

飯塚耳鼻科のブログ

佐久島クルージング

2009年11月12日

台風18号の影響で、アマチュア無線のアンテナ修理に追われ、今日は久しぶりのクルージングに行って来ました。

前回同様、西浦半島の日産マリーナからの出艇です。

午前10:10ハーバーを出発し一路佐久島の南端を目標に、クローズホールドで出発しました。

西浦半島を越えると風もやや強くなり6m/s、時折ブローで8m/s前後の風になりましたので、軟弱者の私としては即に1ポイントリーフを行い、安全第一でクルージングを楽しみました。

風向きは北西の風ですので、風向きが変わらなければタック無しで行けそうです。

午前11:30には島の南端近くまでたどり着き、セールを下ろしたり、フェンダーを出したり、エンジンを始動したりで昼の0:10には佐久島の東港に着岸しましたが、堤防には何と一艇も無く、悠悠横着けが出来ました。

今回の目的は前回食事した“ゆきや”とは違う店の「大アサリ丼」を食べる事にありましたので、すず屋で食べる事にしました。

メニューを見ると、夏には無かったカキ丼とカキフライ定食も有り、ちょっと迷うところでしたが、やはり「大アサリ丼」(650円)を注文し、お腹も空いていたのでエビの塩ゆで(500円)単品も注文しました。

エビの塩ゆでは三河湾に浮かぶ島だけあって、エビのミソが絶品でした。(1人では少々多過ぎです。)2人で1皿が丁度良い感じでした。

又、遅れて出てきた「大アサリ丼」ですがゆきやとは違い、大アサリがフライとして丼ぶりになっていました。しかも30円安い!味は“ゆきや”とは違い、しっかりした味付けでスポーツを行った後の食事としては、私はすず屋の方が好きです。

食後、港をぶらぶらしていると無人販売所があり、見ると釣り餌箱が500円,中程度のサツマイモが6本入りで100円の袋があり、早速購入しお土産にしました。

帰りはアビームでしたので、1時間50分でマリーナに着き、あっけない佐久島クルージングでした。

ラグーナマリーナからでは一大決心がいるので、出発地がほんの少し変わっただけで佐久島も私の庭になりつつあり、満足満足の1日でした。

佐久島の東港に着岸すず屋
エビの塩ゆで大アサリ丼
無人販売所無人販売所
釣り餌箱

このページのトップへ