MENU タップでメニューを表示

飯塚耳鼻科のブログ

答志島のテンマ崎

2014年5月31日

晴れ、黄砂多し、西北西の風7~8m/s。
朝7時30分に西浦の日産マリーナより出艇。

佐久島はもちろん梶島も見えず、当然渥美半島側の山並みさえも見えない状態で、コンパスだけを頼りに渥美の火力発電所へ向かいました。

途中、風は南西に変わりましたが、タッキングする事も無く火力発電所を越える事が出来ましたので、調子に乗って答志島のテンマ崎を目指しました。

伊良湖に近づき地図を確認すると、テンマ崎とは進行方向が少し違っている事に気づき、風も落ちてきたので機帆走に切り替えました。

昼の11時30分頃に答志島とその手前にある小築海島と大築海島を確認したところで、この時期にしては珍しく気温が32°も有り潮止りと無風だった為、昼食をクラッカーで済ませ母港へ帰る事にしました。

後日熱射病で2日間ダウンする羽目になってしまいました。

左が大築海島・右が答志島
左が大築海島・右が答志島
左が大築海島・右が答志島
左が大築海島・右が答志島

このページのトップへ